TOP > クリニック

【お悩み転じて福となる】
「ピコレーザー」で
タトゥー除去

ファッション感覚で気軽にタトゥーを入れられる現代ですが日本ではスパやプールに入れないなど不便さを感じることが多く、3人に1人は「消したい」と思っているそう。そんなタトゥーが消えてなくなる、「ピコレーザー」をご紹介します。
 

写真:Chris Ashford/Camera Press/アフロ
文/ささきみどり
 
 
今月のお悩み「タトゥー」

 

 
タトゥー除去の消し残りにも対応!
 
温泉やプールなどの公共施設に入れない、服装が限られるなど生活上の不便さの他、子供への影響や、MRIなどの検査が受けられないことがあるなどさまざまな理由からタトゥー除去を望まれる人が増えています。相談者のように婚活や結婚に支障をきたすという理由からタトゥー除去を望む人も少なくありません。
素早くキレイにタトゥーを消す方法としては、最新のテクノロジーを搭載したシミ取りレーザー「ピコレーザー」が有効です。従来のレーザー治療機ではタトゥーのインクや周囲の細胞に熱を与えることで色素そのものを破壊していましたが、「ピコレーザー」の場合は、色素除去のアプローチが違います。まず、色素を微粒子へと破壊し身体の代謝によってその微粒子を排出していく、というステップでタトゥーを除去しますので、皮膚への負担も最小限で済み、火傷のようなひきつれが残る心配もありません。また、これまでの治療では黒以外のインクは消し難く、カラーによっては色が残る場合が多かったのですが、「ピコレーザー」はオールカラーに対応可能です。従来機に比べて治療期間が短くて済むのが特徴ですが、タトゥーの絵柄の複雑さや大きさによっても治療期間は異なってきますので、まずは一度相談してみてください。(湘南美容外科クリニック 新宿院 宮崎邦夫 医師)
 
「ピコレーザー」とは?
これまでのタトゥー除去レーザーに比べ、少ない痛みでスピーディーにキレイに除去できる次世代美容レーザー。対応できるインクのカラーは「黒・茶・紫・青・緑・黄・オレンジ・赤」とオールカラー。除去後の皮膚も自然で正常な皮膚に生まれ変わります。小さなインクの粒子まで破壊できるため、過去の除去で色残りしたタトゥー跡にも効果が期待できます。通常、施術時に麻酔は使用しませんが、塗り麻酔や笑気麻酔をオプションで使用することができます。
 
湘南美容外科クリニック
新宿院 宮崎邦夫 医師
 
昭和大学医学部を卒業後、大学病院や市民病院などの勤務を経て、湘南美容外科クリニックに入職。目や鼻、口元、あごの形、顔の輪郭などが気になって、思いきり笑えない人に、的確なプランを紹介する「笑顔の応援団」として活躍。好きな言葉はもちろん「笑顔」。
 

 

 
 
SBCメディカルグループ総括院長
相川佳之医師
 
全国50院47拠点展開SBCグループの総括院長。得意な施術は脂肪吸引。趣味はテニス、クルージング、小型飛行機、ヘリコプターと多岐にわたる。好きな言葉「情熱」を元に、「顧客」「社会」「スタッフ」の幸せを叶えるクリニック作りに日夜励んでいる。
 

 

(MALENA 2016年9月号 P13より)



“モテ” ランキング


スペシャル


フェイスブック


Web Magazines - Brangista
Google Play StoreApple Store

バックナンバー


  • 24

  • 23

  • 22

  • 21

  • 20

  • 19

  • 18

  • 17

  • 16

  • 15

  • 14

  • 13

  • 12

  • 11

  • 10

  • 9

  • 8

  • 7

  • 6

  • 5

  • 4

  • 3

  • 2

  • 1

MALENAとは?
「もっとキレイになって、大切な男性にもっと愛されたい!」大人の女性の本音に応えるトータルビューティーマガジンが「MALENA」です。メイクアップ、スキンケア、インナービューティー、すべての面から最新の情報を毎月お届けします。
Web Magazines - Brangista
Google Play StoreApple Store